グーグーだって猫である

ほのぼのとしてよかった。
[PR]

# by kute2 | 2016-07-16 21:32 | テレビ観賞 | Comments(0)  

S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE

ドラマも少し「うーん」とおもうところがあったが、映画もその延長だった。
[PR]

# by kute2 | 2016-07-16 21:29 | テレビ観賞 | Comments(0)  

ぺテロの葬列

宮部みゆき 著

壮大な、でも身近な、いやなかなか現実ではない人間模様。
[PR]

# by kute2 | 2016-07-02 12:14 | | Comments(0)  

オデッセイ

面白かった。とても面白かった。
原作の「火星の人」は途中で読むのを断念してしまったが、今、読み返すといいのかもしれない。
[PR]

# by kute2 | 2016-06-20 23:09 | DVD/Blu-ray鑑賞 | Comments(0)  

風に立つライオン

なぜそこでその行動?と思うところがあるがそれは映画(原作?)ということで、、、
全体的に見ごたえのある作品だった。
[PR]

# by kute2 | 2016-06-13 09:29 | テレビ観賞 | Comments(0)  

夢幻花

東野圭吾 著

現代社会にありがちなきっかけをもとに鋭く描いていておもしろかった。
[PR]

# by kute2 | 2016-06-01 18:29 | | Comments(0)  

ストレイヤーズ・クロニクル

DNAものにありがちなストーリーだったけれど、おもしろかった。
若い役者ががんばっていたなぁ。
[PR]

# by kute2 | 2016-05-30 21:19 | テレビ観賞 | Comments(0)  

天の茶助

よくわからない内容だった。
[PR]

# by kute2 | 2016-05-16 00:05 | テレビ観賞 | Comments(0)  

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

奇妙な内容でした。
ジョニー・デップがすごい。
[PR]

# by kute2 | 2016-05-16 00:03 | テレビ観賞 | Comments(0)  

ジュラシック・ワールド

なんだか残念な内容だった。せめてもう少し過ちを反省して、みたいなストーリーにしてほしかったのと、ちゃんと仕事してほしかった。
[PR]

# by kute2 | 2016-02-26 23:01 | DVD/Blu-ray鑑賞 | Comments(0)