<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

I'm sorry, mama.

桐生夏生 著

ちょっとOUTっぽいか。
ハラハラさせながら読み進めさせるところはさすがだが、少し内容がきつかった。
[PR]

by kute2 | 2008-01-23 16:46 | | Comments(0)  

ほしのこえ/雲のむこう、約束の場所/秒速5センチメートル

新海 誠 さんのアニメーション。
3つ全部観ました。
一番よかったのは、「雲のむこう、約束の場所」。
世界観もすごいし、主人公たちもいいし。

最初の作品である「ほしのこえ」はストーリーがちょいと一方的。
最新の作品の「秒速5センチメートル」はラストで「なんだ、だめじゃん。主人公。」となってしまった。
女性なら受けるかもしれないが。。。
最後は主人公が宇宙にでも飛んでいて、その報道を彼女が見て、、くらいならいいんだけれど、
あれだけみると「男っていつまでもうじうじひきずるのね。」になってしまうのである。

しかし、絵、特に背景はすごかった。
コンビニやホームなど必要以上に細かくてきれいだった。
[PR]

by kute2 | 2008-01-20 17:43 | DVD/Blu-ray鑑賞 | Comments(0)  

予知夢

東野 圭吾 著

テレビドラマ「ガリレオ」の原作のもう一冊。
テレビドラマほど理由や詳細を書いていない話もいくつか。
それはそれである意味すっきりしていていいのかもしれない。
[PR]

by kute2 | 2008-01-16 23:13 | | Comments(0)  

まぼろしハワイ

よしもとばなな 著

あぁハワイでのんびりとしたい。
でも何か哀しくなるかもしれない。
でも何か得られるかもしれない。
そんなことを思わせる小説集。
[PR]

by kute2 | 2008-01-16 12:57 | | Comments(0)  

幸菌スプレー・すっぴん魂7

室井滋 著

今回も元気になりぷぷぷと笑うエッセイ満載でした。
[PR]

by kute2 | 2008-01-13 18:48 | | Comments(0)  

アルゼンチンババア

よしもと ばなな 著

映画を観たので本を読んだ。
だいぶ主人公の気持ちが違うなぁ。やはり本はよしもとばななの書く主人公だった。
ババアももっとおどろおどろしていて。でもストーリーはあっさりしていて。
[PR]

by kute2 | 2008-01-13 18:47 | | Comments(0)  

アルゼンチンババア

よしもとばななの原作。あれ?本を読んでないかもしれない。

妻を亡くした夫が娘も仕事も捨ててアルゼンチンババアと呼ばれる不思議な女性のところに行く。
簡単にいってしまうと「男は辛いことから逃げるんだなぁ。」ってかんじ。
そういう男をやさしく受け入れてくる女もいるわけで、それがアルゼンチンババア。

全体的にゆったりとしていて、ちょっと妖しくて、ふわ~とした映画でした。
ちょいと間延びしてたかなぁ。
[PR]

by kute2 | 2008-01-12 14:51 | DVD/Blu-ray鑑賞 | Comments(0)  

探偵ガリレオ

東野 圭吾 著

テレビドラマを観て、「原作とちがーう」という(まぁ仕方が無いけれど)声をきき読んでみた。
なるほど確かにノリが違う。湯川の書き方があっさりしている。
その分、読んでいて事件の内容や解決に集中できる。
そして解説を書いている俳優の佐野史郎によると、著者は佐野史郎の探偵役をみて書いたそうな。
[PR]

by kute2 | 2008-01-12 14:29 | | Comments(0)