<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

東京タワー

リリー・フランキー 著

泣くまいと思っていたが、最後のやはりオカンとの別れあたりからぐっと来てしまった。
恐らくこういう状況のことをある意味こと細かに書く人はいないとおもう。
それだけではない。自分の父親のときがよみがえったからだろう。
鮮明に覚えているところと、白くなっているところがある。
そこをひさしぶりに突かれた感じ。

ま、著者の思い出話といってしまえばそれまでだが、
なんとなく共感し、くいくいと読んでしまえた。
[PR]

by kute2 | 2006-05-31 00:14 | | Comments(0)  

かもめ食堂

群 ようこ 著

最近映画になった小説。
映画は観ていませんが、出演者からいうと面白そう。
しかし小説のほうはどうも展開が悪いんだなぁ。
外国人の台詞をカタカナ表記するのも読みづらい。
エッセイは面白いんだけれど、どうも小説はあわない。
[PR]

by kute2 | 2006-05-25 17:38 | | Comments(0)  

世間のドクダミ

群 ようこ 著

エッセイです。ふつーの、そして私も「そうそう」とうなづくことをちょっと一言くすっと
書いている。さっと読めました。
[PR]

by kute2 | 2006-05-23 19:35 | | Comments(0)  

メゾン・ド・ヒミコ

ちょっと胸が痛くなるのは、「ジョゼと虎と魚たち」の監督だからか。ジョゼ、、のほうが好きだな。
ストーリーはちょっと現実離れしているようないないような。
言いたいことはわかるけれど、まぁなぁ、て感じ(何も書いていないに等しいですね)。
柴崎コウはノーメイクらしい。かわいかった。
[PR]

by kute2 | 2006-05-21 00:31 | DVD/Blu-ray鑑賞 | Comments(0)  

焼きそばうえだ

さくらももこ 著

なんだ?そのタイトル。。。
そして読んでまぁ(良い意味で)あほらし~企画と、
動いてしまうものは動いてしまうんだなぁと。
世の中そんなものなのか?そんなものらしい。
ぐちぐち考えてもなるようにしかならない、とはこういうことなのかも。

焼きそばをたべたくなった、という反応はふつーすぎか。
[PR]

by kute2 | 2006-05-19 16:25 | | Comments(0)  

24 1stシーズン

人からまとめて借りたので一気に観た。
アメリカのテレビドラマって放送回数をきめずに見切り発車して、
視聴率や視聴者の声によってのびのびするのが多い中、
24は24回なのが決まっていたので安心してみることができた。

「観たらはまるよ」と言われていたが、まぁその覚悟がないと1回目は観れない。
つまり1回目じゃちょっとしか話は動いていないのだ。
で、面白かった。
[PR]

by kute2 | 2006-05-07 22:21 | DVD/Blu-ray鑑賞 | Comments(0)  

ウーマンズ・アイランド

林 真理子 著

彼女の描く女性の話は、その心理状態などが細かくそして押し付けがましくなく書かれている。
この小説もある一人の男性を知る女性たちの話だが、どろどろせず、みな何か悩みつつ、
でも人生ってこんなものじゃない?とでもいいたげに、重くならない描写で書かれている。
何かしなくちゃいけないのかなとすこーし思った。
[PR]

by kute2 | 2006-05-06 20:58 | | Comments(0)