<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

ネバーランド

全体的に静かな映画です。
でもすーっとそしてじわーっと何かが染み込む、そんな映画です。
ジョニー・デップはすごいなぁ。ダスティン・ホフマンとケイト・ウィンスレットは久しぶり。
[PR]

by kute2 | 2006-01-29 16:59 | DVD/Blu-ray鑑賞 | Comments(0)  

バッテリーⅢ

あさのあつこ 著

続きです。そしてⅣへ思いっきり続きます。
少し何かを感じ出したか、主人公。
角川文庫。加筆、訂正されています。
加筆、訂正されていると同じシリーズで加筆、訂正したものを読まないといけないよなぁ。
[PR]

by kute2 | 2006-01-25 17:36 | | Comments(0)  

バッテリーⅡ

あさのあつこ 著

ようやく本題に入ってきたな、という感じ。
角川文庫では、加筆訂正されている。
[PR]

by kute2 | 2006-01-20 09:24 | | Comments(0)  

バッテリー

あさのあつこ 著

児童書だが、大人でも読めます。
1巻目はまだまだ序章ってかんじ。
[PR]

by kute2 | 2006-01-18 20:52 | | Comments(0)  

FLY,DADDY,FLY

堤真一と岡田准一、そそられる出演者にひかれて。
やっぱ強くなくては。それは身体だけでなく心も。
[PR]

by kute2 | 2006-01-15 18:44 | DVD/Blu-ray鑑賞 | Comments(0)  

THE有頂天ホテル

力入っています。人いっぱい出ます。いろいろ問題が出てきます。
もちろん笑えます。そしてホロリとします。
やっぱ面白いなぁ、三谷幸喜。
[PR]

by kute2 | 2006-01-15 00:46 | 映画 | Comments(0)  

イマジン・ノート

槙村さとる 著

著者が自分の人生を語っている本。
数々の漫画の中の登場人物の屈折した性格の理由がわかる気がする。
「イマジン」はハードな漫画だったな。
[PR]

by kute2 | 2006-01-13 13:59 | | Comments(0)  

人生の穴ときどき落ちても大丈夫

槙村さとる 対談集

槙村さとるの漫画はかなり読んでいる。
対談相手はさまざま。でも少し私の興味範囲とはずれていたかも。
[PR]

by kute2 | 2006-01-12 13:49 | | Comments(0)  

THE MANZAI 1

あさのあつこ 著

ずっと気になっていた著者。本当はバッテリーから読むべきかな。
で、面白かった。ま、本を読まない子供たちに取っ掛かりとして読むといいかな?

ところで読んだのは「ジャイブ」という会社の「ピュアフル文庫」。
最初の出版に加筆・訂正されている。
[PR]

by kute2 | 2006-01-11 23:35 | | Comments(0)  

さおり&トニーの冒険紀行 ハワイで大の字

小栗 左多里 , トニー・ラズロ  著

「ダーリンは外国人(1,2)」を読んでいたので購入。
ハワイの裏話という感じで楽しく読めました。
[PR]

by kute2 | 2006-01-08 14:40 | | Comments(0)