楽園

宮部みゆき 著

模倣犯のときもそうだった。
「あ、こういう事件あったよな。」でも著者が執筆しているのはその前だった。

一気に読んでしまった。
人によっては納得できない部分もあるだろう。
しかし問題はそんなことではなく、このような事件が現実にあることなのだ。
これは小説なのだが事実なのだ。
すごいなぁ。やはり宮部みゆきは面白い。
[PR]

by kute2 | 2007-11-09 22:02 | | Comments(0)  

<< ボーン・アルティメイタム 「綺麗な人」と言われるようにな... >>