ヘタな人生論より徒然草

萩野 文子 著

何かの雑誌だかblogだかでこの本の紹介があり、読んでみた。
徒然草は学校の国語の授業で出てきたきり、読んでいないなぁ。
おもしろい、こんなにおもしろくそして今でも通用することを書いているとは思わなかった。
今でも、、というより人が今でも変わっていないということなんだろう。
そして著者の解説がまたおもしろい。
あっという間に読んでしまった。
[PR]

by kute2 | 2007-08-12 12:03 | | Comments(0)  

<< ナイトミュージアム 鈍感力 >>