神様からひと言

荻原 浩 著

最初は主人公の職業が何なのかわからない書き方で、
ぐいぐいとひきこまれていった。
途中から少しいきすぎな感じがしたが、現実はこんなものなのかもしれない。
まぁお気軽に読めた作品。
この著者の作品はこれが初めてだったので、別の作品を読んでもいいかなぁと
思うような、思わないような。
[PR]

by kute2 | 2007-03-11 18:25 | | Comments(0)  

<< ひとかげ 嫌われ松子の一生 >>