陰日向に咲く

劇団ひとり 著

ま、世間が騒いでいるので(笑)読んでみた。
読みやすかった。
ただ最後のほうはちょっと尻切れとんぼっぽかったかな。残念。

劇団ひとりは本をたくさん読んでいるんだろうなぁ、とおもう。
小説の手法はどこかで見た気がするが、ま、まねっことおもわないのは
それなりの文章力のせいだろうか。
[PR]

by kute2 | 2006-10-17 19:44 | | Comments(0)  

<< 「私は甘えているのでしょうか?... ALWAYS 三丁目の夕日 >>