王国-その3 ひみつの花園-

よしもとばなな 著

どんな話だっけ、、というかんじで読み始めたが登場人物がそれぞれ特色ある人しかいないので、
あぁこんなだったっけか、と思い出すことができた。
著者の言葉は不思議。ちょっとふわっとしていてよくわからないところもあるけれど、
興味深く読んでいる。
[PR]

by kute2 | 2006-02-13 17:25 | | Comments(0)  

<< 鋼の錬金術師シャンバラを往く者 姑獲鳥の夏 >>