それは秘密の

乃南アサ 著
短編集だが、短編のボリュームがまちまちでちょっとよみづらかった。

[PR]

by kute2 | 2017-06-26 10:54 | | Comments(0)  

<< 豆の上で眠る TOO YOUNG TO DI... >>