プラチナデータ

東野 圭吾 著

現代に、そして近未来にありがちな状況。問題提起も含めてぐいぐい読める話だった。
来年映画化するそうだが、ちょっと楽しみかも。
[PR]

by kute2 | 2012-08-29 15:55 | | Comments(0)  

<< 往復書簡 永遠の0 (ゼロ) >>