ミルク

そういえばショーン・ペンがアカデミー賞を取っていたなぁと思いだいました。

実在の人物ということで、興味深く観ることができました。
単にゲイだということではなく、それは各種の差別の1つにすぎないということなんでしょうね。
重い内容だったが、ひきこまれる内容でした。
最後に各登場人物のその後と共に、本人の写真がでてきますが、役者さんの雰囲気がそっくりでした。
[PR]

by kute2 | 2010-03-19 10:20 | テレビ観賞 | Comments(0)  

<< 食堂かたつむり 使命と魂のリミット >>