マイケル・ジャクソン THIS IS IT

特にファンというわけではないが、年齢的にマイケル・ジャクソンのスリラーやビートイットを聞いたものである。
プロモーションビデオとか歌いながらダンス踊るとか、斬新的でカッコよくその後の音楽に多大な影響を与えた、なんてことは私が言うまでもない。

映画はマイケルのリハーサル風景に徹しているので余計なものがない。
声も出ているし、踊りのキレもあるし、ステージ作りの徹底さ、すばらしい。
「もったいない」本当に「もったいない」。
泣けてくる。
せめて1回でもステージが出来たならば、、、
なぜこんなことに、、、

映画はとてもよい出来だった。ありがとうマイケル、なんて言ってみよう。
[PR]

by kute2 | 2009-11-01 21:17 | 映画 | Comments(0)  

<< 向日葵の咲かない夏 沈まぬ太陽 >>